「プー横丁にたった家」

プーが主人公の二冊目の童話「プー横丁にたった家」について
カテゴリ
クマのプーさん
「クマのプーさん」/一覧 (9)


ディズニーのプーさんは黄色いクマですが、原作の挿絵のプー(通称クラシックプー)はもっと薄くてやさしい色。実はまったく似ていない両者ですが、でもどちらもプーに変わりは無いのです、きっと。

2004年5月
           
26
         

新着エントリ
Kanga and Roo(カンガ と ルー) (5/27)
「プー横丁にたった家」 (5/26)
Tigger(トラー) (5/15)
「クマのプーさん」 (5/15)
Piglet(コブタ) (5/15)
Christopher Robin(クリストファー・ロビン) (5/14)
Winnie-The-Pooh(ウィニー・ザ・プー) (5/14)
作者A・A・ミルンについて (5/13)
「クマのプーさん」について (5/12)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2004年 (9)
5月 (9)


アクセスカウンタ
今日:3
昨日:11
累計:69,908


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年05月26日(Wed)
< 「クマのプーさん」 | プーの登場する本/一覧 |  
「プー横丁にたった家」

1928年に出版されたプーが主人公の二冊目の童話です。
岩波少年文庫のこの本の初版は1958年に出版されたようです。 原題は「The House at Pooh Corner」

ある雪の降った日にプーとコブタ(ピグレット)は、マツ林のわきの風のこない「この場所」を「プー横丁」と名づけ、そこにイーヨーの家をたてることを思いつきます。
そういうわけでプー横丁にたつのは、プーの家ではなくイーヨーの家なのです。
お馴染みの「はねっかえりのトラー(ティガー)」はこの本で初めて登場します。
かの有名な「プー棒投げ」の遊びもこの本で登場します。
そしてラストシーンはディズニービデオでも見るたびに感動してしまうあの台詞、そして私の大好きな二人のシルエットの挿絵で終わります。

この本には
「プー横丁にイーヨーの家がたつお話」
「トラーが森にやってきて、朝ごはんをたべるお話」
「捜索隊がそきしされて、コブタがまたゾゾに会うお話」
「トラーは木にのぼらないということがわかるお話」
「ウサギがいそがしく働いて、クリストファー・ロビンがお昼まえになにをするのかが、みんなにわかるお話」
「プーがあたらしい遊戯を発明して、イーヨーが仲間にはいるお話」
の6つのお話が収録されています。