「クマのプーさん」

最初の本「クマのプーさん」について
カテゴリ
クマのプーさん
「クマのプーさん」/一覧 (9)


ディズニーのプーさんは黄色いクマですが、原作の挿絵のプー(通称クラシックプー)はもっと薄くてやさしい色。実はまったく似ていない両者ですが、でもどちらもプーに変わりは無いのです、きっと。

2004年5月
           
15
         

新着エントリ
Kanga and Roo(カンガ と ルー) (5/27)
「プー横丁にたった家」 (5/26)
Tigger(トラー) (5/15)
「クマのプーさん」 (5/15)
Piglet(コブタ) (5/15)
Christopher Robin(クリストファー・ロビン) (5/14)
Winnie-The-Pooh(ウィニー・ザ・プー) (5/14)
作者A・A・ミルンについて (5/13)
「クマのプーさん」について (5/12)

新着トラックバック/コメント


アーカイブ
2004年 (9)
5月 (9)


アクセスカウンタ
今日:3
昨日:11
累計:69,908


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年05月15日(Sat)
| プーの登場する本/一覧 | 「プー横丁にたった家」 >  
「クマのプーさん」

岩波少年文庫/A.A.ミルン:著, 石井 桃子:訳

作者であるミルンは息子のために最初は詩をつくり2冊の詩集となりました。
その後息子がもう少し大きくなるとお話を作り始め、それが
「クマのプーさん」「プー横丁にたった家」の本になりました。

「クマのプーさん」は1926年10月に出版されましたが、
その第一章となったお話は、その前年の12月「イブニング・ニュース」のクリスマス号に掲載されています。
このお話の中で「とっても頭のわるいクマ」ははじめて「ウィニー・ザ・プー」という名前を与えられています。

日本では、昭和15年に岩波書店で出版され、戦後は英宝社から出版されていたそうです。